ホーム>蜂とはちみつ物語>カナダ養蜂家との取組み

蜂とはちみつ物語

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら

はちみつレシピ集

養蜂家の徒然

お問い合わせはこちら


プライバシー保護の為SSL暗号通信を採用しています。

カナダ養蜂家との取組み

カナダのはちみつはおいしい!

水谷養蜂園では、1990年からカナダのはちみつを販売しております。
なぜカナダのはちみつを販売することになったのかと言うと世界的に見ても「おいしい」からです。
クセが少なく、しかしながら蜂蜜の主張があるとでもいいましょうか?
弊社4代目当主 水谷友彦以下養蜂部も認める味なのです。

カナダの養蜂

カナダのはちみつの歴史は古く、現在でも養蜂業・はちみつ等の先進国ともいえる世界的に認められた国なのです。
広大な国土と自然を尊重した国の政策が、すばらしいはちみつを作るのに最適な環境を作っているのです。

写真でみてもわかるように、豊かな自然がたくさん残っています。
カナダに行かれた方はご存知かもしれませんが、はちみつが本当に身近にあると感じると思います。
(日本人の観光客のお土産の上位に蜂蜜が入ってくるのもうなずけます。)
カナダにも社長が直接赴きます。現地採蜜場の視察はもちろん、現地養蜂家と密なコミュニケーションを取って情報交換をします。

カナダの蜜源植物のメインは、クローバーです。
クローバーといってもカナダのクローバーには、レッドクローバー・ホワイトクローバー・アラスカクローバー・その他野生のクローバーが多種多様にあります。
水谷養蜂園のカナダ産結晶蜜をはじめ、日本で販売されている多くはこのうち「ホワイトクローバー」に当たります。

次に日本でも馴染みの深い「菜の花」です。
菜の花の栽培はカナダの農家さんもお金になるため(菜の花から油が取れるため)積極的に栽培されており、これは中国でも同様に見られる状況です。

その他には、アルファルファ・ブルーベリー・ブラックベリーなどが挙げられます。
カナダの養蜂家さんは一人平均500群(蜂箱500箱)のミツバチを所有し、多い養蜂家さんなら1年間で100トン以上のはちみつを採るのです。
日本人の養蜂家さんの10倍くらいかもしれません。
蜜源となる花の量が日本と比べて圧倒的に多いため、日本の移動養蜂(南から北へ移動する養蜂スタイル)と違い、定置養蜂(同じ場所でずっと蜜を取り続ける養蜂スタイル)という方法で採蜜できることが大きな要因と言えます。
弊社はカナダのアルバーター州カルガリーを拠点に現地養蜂家さんと交流しています。

カナダの採蜜時期は、日本の初夏 7月初旬から始まります。
菜の花が一面に咲き乱れ、それが終わったらクローバー蜜の採取となります。
「この時期が一番忙しく楽しい時期である。」と養蜂家さんは口をそろえて言っていました。
この気持ちは全世界共通だな~。と共感できます。

カナダのはちみつの安全性

カナダには「Agricuhure And Agri-Food CANADA」というカナダ政府の機関があり、カナダ全土に約50箇所の拠点を設けています。
国の食品安全・検査・調査機関であり、アルバーター州は蜂蜜が多く採れるのでここではちみつ・ミツバチの研究・指導を行っています。
大変先進的な検査・研究機関であり、はちみつの安全性を確保しています。 安全で高品質な美味しいカナダのはちみつをご賞味ください。